研究・調査 論文

会員によるバイオマスエネルギー、再生可能エネルギー、地球環境端後などに関する研究・調査・提言の発表の場です。

ポーラス竹炭製造用大型炭化炉の開発

2019年生態工学会 年次大会(令和元年6月28日(金)~29日(土))ポスターセッションで発表しました。英語要旨を翻訳してあります。 文責 篠崎正利 蔵前バイオエネルギー理事  

コメントなし

ポーラス竹炭の土壌改良効果

文責 篠崎正利

コメントなし

カタツムリの生態と食害回避 2019/2/19 福島 巖       

カタツムリのすべては謎めいています。周囲には敵が一杯なのに、巧みに自衛しています。カタツムリの研究は当ホームページの「カタツムリの食べる音」エリザベス・ベイリー著(吉澤有介要約)にて紹介しています。 ********** … 続きを読む

コメントなし

健全な森林とバイオマスエネルギー

蔵前バイオエネルギ発足間もない、2008年におこなった「森林の状況の分析、考察」です。これは現在でも色あせない素晴らしい論文です。

コメントなし