建築から見た古代史」タグアーカイブ

「建築から見た日本古代史」武澤秀一著 2019年6月12日 吉澤有介

  ちくま新書2017年4月刊 著者は、東京大学工学部、同大学院出身の建築家です。建築が政治、宗教、文化と深い関わりがあることに注目、建築的想像力による日本古代史の研究を進め、「法隆寺の謎を解く」、「伊勢神宮の謎を解く」 … 続きを読む

カテゴリー: サロンの話題 | タグ: | 「建築から見た日本古代史」武澤秀一著 2019年6月12日 吉澤有介 はコメントを受け付けていません。