サロンの話題

「生命海流」–GALAPAGOS–福岡伸一著  2022年8月25日 吉澤有介

朝日出版社2021年6月刊  著者は、1959年東京生まれの生物学者です。京都大学理学部卒で教授、現在は青山学院大学教授、ロックフェラー大学客員教授です。一般向けの多くの著書があり、「生物と無生物のあいだ」(講談社現代新 … 続きを読む

「南極の氷に何が起きているか」–気候変動と氷床の科学—杉山 慎著 2022年7月2日 吉澤有介

中公新書2021年11月刊 著者は、1969年愛知県に生まれ、93年に大阪大学大学院基礎工学研究科を修了して、信越化学工業で光通信デバイスを開発に従事しました。97年より2年間、青年海外協力隊に参加してザンビアで理科教員 … 続きを読む

「エシカルフード」山本謙治著  2022年6月15日 吉澤有介

角川新書、2022年3月刊 著者は1971年、愛媛県生まれ、北海道大学大学院農学院修了の博士(農学)です。学生時代にキャンパス内に畑を開墾し、野菜を生産しました。大手シンクタンク、花卉・生果物流通企業などを経て独立し、農 … 続きを読む

「日本の分水嶺」堀 公俊著、2022年9月3日 吉澤有介

—-地図で旅する列島縦断6000キロ–  山と渓谷社、2000年9月刊 著者は、1960年神戸市生まれで、大阪大学大学院工学研究科を修了したIT技術者です。登山やキャンプ、旅行に親しみ、「日本の自 … 続きを読む

「日本列島四万年のデイープヒストリー」-先史考古学からみた現代- 森先一貴著、朝日新聞出版、2021年8月刊 2022年6月8日 吉澤有介

 著者は、1979年京都府生まれで、東京大学大学院を修了した奈良文化財研究所主任研究員です。亜鉛門は先史考古学(旧石器時代・縄文時代)で、多くの著書があります。 日本列島には、約4万年前に、原生人類(ホモ・サピエンス)が … 続きを読む

さらに見るにはページ右にある カテゴリーの「サロンの話題」をクリックしてください。