サロンの話題

「日本史の探偵手帳」(その2)磯田道史著 2021年9月29日 吉澤有介

明治維新の立役者は、ほとんどが下級武士でした。上級武士だったのは、佐賀藩の大熊重信(300石)、紀州藩の陸奥宗光(500石)、長州藩の高杉晋作(200石)くらいのもので、それ以外はせいぜい徒士クラスでした。伊藤博文などは … 続きを読む

「免疫革命」安保 徹著 2021年10月6日 吉澤有介

講談社、+α文庫、2013年4月刊(電子版) 著者は1947年、青森県生まれ、東北大学医学部出身で、アラバマ大学を経て新潟大学大学院医歯学総合研究科教授になりました。免疫に関する数々の大きな発見をしています。 医学界には … 続きを読む

「ドラえもんを本気でつくる」大澤正彦著、PHP新書、2020年4月刊 2021年10月3日 吉澤有介

著者は、1993年生まれで、子どものころから「ドラえもん」をつくる夢を身続けてきました。東京工業大学付属科学技術高校から慶応義塾大学理工学部に進み、現在は同大学院理工学部研究科の博士課程に在学中です。日本認知科学会「認知 … 続きを読む

「日本史の探偵手帳」磯田道史著、文春文庫、2019年1月刊        

著者は、テレビの「英雄たちの選択」などでおなじみの歴史学者です。慶應大学大学院文学研究科で史学を専攻しました。現在は、国際日本文化研究センターの准教授です。 著者は、本来歴史は人生に役立つ面白いものなのに、今の学校教育の … 続きを読む

「京大式へんな生き物の授業」神川龍馬著、朝日新書、2021年3月刊 2021年9月23日 吉澤有介

著者は、京都大学農学部を卒業、同大学院農学研究科博士課程を修了し、カナダ・ダルハウジー大学の客員研究員を経て、現在は京都大学農学研究科准教授です。主な研究領域は、海洋における真核微生物の多様性で、多くの受賞歴があります。 … 続きを読む

さらに見るにはページ右にある カテゴリーの「サロンの話題」をクリックしてください。