蔵前バイオエネルギー活動の理念

トピックスへ最新の投稿記事記事の一覧へ

私たちは、美しい地球を子供や孫達の代に残すため、技術的好奇心と情熱で、バイオマスエネルギーをはじめとする再生可能エネルギーの活用や技術問題解決とその事業化に取り組む技術者集団です

活動概要

K-BETSでは、定款で定めた次の4つの柱のもとに活動を行っています。

  1. 技術開発とその実用化事業
  2. 技術関連情報の収集と提供事業
  3. 事業化に関する相談と支援活動事業
  4. 社会への提言と啓発活動事業

会員自身の問題意識による技術の調査から開発・実用化までの自発的な活動と、バイオマスのエネルギー化プロジェクトを実施する他のグループ、中小企業、地方自治体などへの支援をバランスよく行おうとしています。また、運営に必要な資金獲得も重要な要素です。
会員の技術的好奇心が満足し、社会貢献ができて、資金の獲得にもつながる、といった活動を目指しています。

主な活動

藻類(アルジェ)研究会:藻類の培養とエネルギー利用研究
技術情報検討会:バイオマスとエネルギーに関する科学技術情報の交換と検討
Kシステムプロジェク:K-BETSが考案した間伐材等の集材法「Kシステム」技術開発と普及活動
熱エネルギー研究会:バイオマス資源の熱とエネルギー利用技術の研究
バイオマスセミナー:バイオマスに関連するテーマのセミナーを開催
政策研究会:バイオマスのエネルギー利用政策の提言
事業推進検討会:バイオマス関連の事業化検討と推進
竹林プロジェクト:様々な竹の利用法を提案して竹の活用推進により竹林の拡大を阻止する
バイオチクプロジェクト:竹粉を利用したバイオプラスチック推進
林業システム研究会:木質バイオマスの収集手段研究Kシステム、バイオチク、竹林のプロジェクトを立ち上げ、さらに検討推進中

蔵前バイオエネルギー法人紹介リーフレット